アルツハイマー病治療開発の現状

日本においては2011年にドネペジルに加えて新たにコリンエステラーゼ阻害薬2剤とNMDA受容体拮抗薬1剤の計3剤がアルツハイマー型認知症の治療薬として用いられるようになりました。しかし欧米ではこれら4剤の登場から10年以上経ち、この間さまざまな新薬開発、特に病態機序に基づいた病態改善薬開発の努力が行われ、その中のいくつかの薬剤は最終段階の治験としてphase III段階までに達したものの最終的に有効性を証明できませんでした。


病態改善薬の開発現状

アルツハイマー病の病態機序は未だに完全に解明されたわけではありませんが、ベータアミロイドの異常蓄積を起点とし、タウ蛋白の異常蓄積、神経変性へと進展する、多段階の病的過程と考えられています(アミロイド仮説、認知症のなかのアルツハイマー病の項目を参照してください)。これらをもとに、病態改善薬としては、現在までアミロイドをターゲットとした治療研究が最も精力的に行われてきました。この中にはガンマ・セクレターゼ阻害薬や大規模に行われた2種類の抗アミロイド抗体が含まれますが、phase III段階まで進行した治療研究でその有効性を証明できた薬剤はありません。